トップ > キッズページトップ > りようあんない

りようあんない

りようカード
(ほん)をかりる(とき)は、はじめにりようカードを(つく)ります。
小学生以下(しょうがくせいいか)(ひと)がりようカードを作る時は、おうちの人といっしょに()てください。
利用申込書(りようもうしこみしょ)」を()いて、健康保険証(けんこうほけんしょう)生徒手帳(せいとてちょう)などの、名前(なまえ)住所(じゅうしょ)のわかるものといっしょに、カウンターに()してください。すぐにりようカードができます。
カードは南砺市(なんとし)のどの図書館(としょかん)でもつかえます。
本をかりる
本とざっしは、南砺市のすべての図書館の合計(ごうけい)で、一人10(さつ)まで2週間(しゅうかん)かりることができます。 そのほかに、DVD(でぃーぶいでぃー)CD(しーでぃー)・ビデオなどは、3点まで1週間かりられます。 かりる時は、りようカードと、かりたい本やDVDなどを、貸出(かしだし)カウンターへもって来てください。 じてんやずかんなどで、かりることのできない本もあります。かりられない本は図書館の中でよんでください。
本をかえす
図書館がひらいている時はカウンターへ、しまっている時はへんきゃくポストへかえしてください。カードはいりません。 南砺市内(なんとしない)なら、どの図書館にでもかえせます。 ただし、DVD・CD・ビデオなどはこわれやすいので、へんきゃくポストに入れず、かりた図書館のカウンターへかえしに来てください。 ほかにかりたい人がいるかもしれないので、かえす日にちをしっかり(まも)ってください。
本のならびかた
図書館では、日本十進分類法(にほんじっしんぶんるいほう)によって、本を分類し、ならべています。
日本十進分類法では、本をなかみによって、大きく10しゅるいに分け、(つぎ)のように、0から9の数字(すうじ)をつけます。
0.総記(そうき)
百科(ひゃっか)じてん、コンピュータ、図書館など
1.哲学(てつがく)
どうとく、()(かた)、しゅうきょう・神話(しんわ)など
2.歴史(れきし)
歴史・地理(ちり)伝記(でんき)など
3.社会科学(しゃかいかがく)
社会、手話(しゅわ)点字(てんじ)、ことわざ、世界(せかい)のくらしなど
4.自然科学(しぜんかがく)
算数(さんすう)理科(りか)動物(どうぶつ)、人のからだなど
5.技術(ぎじゅつ)
環境問題(かんきょうもんだい)機械(きかい)料理(りょうり)手芸(しゅげい)など
6.産業(さんぎょう)
農林水産業(のうりんすいさんぎょう)、ペットのかいかた、交通(こうつう)など
7.芸術(げいじゅつ)・スポーツ
図画工作(ずがこうさく)音楽(おんがく)、スポーツなど
8.言語(げんご)
日本語(にほんご)外国語(がいこくご)方言(ほうげん)など
9.文学(ぶんがく)
()、はいく、短歌(たんか)、ものがたりなど
つぎに、0から9のそれぞれについて、もっとこまかく分け、数字をつけていきます。たとえば、4…自然科学なら、41…数学(すうがく)、42…物理(ぶつり)、43…化学(かがく)、44…天文学(てんもんがく)のようにわけられます。 この数字と、本を書いた人の名前や題名(だいめい)のはじめの()()()わせて、本の請求記号(せいきゅうきごう)がきまります。請求記号は本の住所のようなものです。 図書館の本のせびょうしの(した)に、ラベルがはってあります。そのラベルに書いてあるのが、請求記号です。本は、ラベルの数字ごとにならべられるので、請求記号を()っていればかんたんに本の場所(ばしょ)がわかるのです。

本のならびかた
本のならびかたは、請求記号順(せいきゅうきごうじゅん)に、(ひだり)から(みぎ)へ、(うえ)から下へとならんでいます。ただし、図書館によって、本がさがしやすいように、請求記号とはべつの記号やラベルをつけることもあります。 また、とくしゅなテーマの本をべつのコーナーにおいたり、よく読まれる本をめだつ場所においたりするところもあります。図書館に行ったらいろいろたんけんしてみてくださいね。
本がみつからないときは
さがしている本がみつからない時は、図書館の人に()いてみてください。本のある場所へあんないしたり、かしだし(ちゅう)かどうかしらべたりします。 本の名前がわからなくても、「〇〇についての本はありますか?」と、きがるに聞いてみてくださいね。 また、自分(じぶん)で、インターネットや図書館の中にあるパソコンを使(つか)ってさがすこともできます。本の題名や、書いた人の名前を入力(にゅうりょく)してみてください。さがしている本がみつかったら、所蔵館(しょぞうかん)(その本のある図書館)・場所・請求記号を()てください。ほかの図書館にある時や、「書庫(しょこ)」などわからない場所にある時は、図書館の人に聞いてくださいね。 また、さがしている本がかしだし中などで、その図書館にない時は、よやくすることができます。
本をよやくする
さがしている本が図書館にない時は、よやくすることができます。 本がかしだし中のときは、図書館にもどってきた時にとっておいて、電話(でんわ)などでお知らせします。 その図書館にない本は、ほかの図書館から()りよせることもできます。 くわしいことは図書館の人にきいてみてくださいね。

このページの先頭へ